UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

敏感な体質につき~甘いお菓子とオデキ

calendar

管理人はある甘いお菓子を食べると吹き出物が出る。そんな身体と付き合って45年?15歳の頃からかな。吹き出物の原因が甘いお菓子だと気がついたのは中年になってからだ。

一般的に吹き出物(ニキビ)は皮脂が毛穴に詰まって、それが酸化して菌が発生して出てくるものという認識。だから当初は吹き出物と甘いお菓子との関係がピンと来なかった。

管理人は甘いお菓子が大好だ。ケーキ・チョコレート・柏餅・饅頭・アイスクリーム・etc。でもそういう物を食べると顔、鼻の頭、背中、このどこかに必ず吹き出物が出てしまうのだ。

洗顔や入浴で皮膚を清潔にしているのに、そんなことには関係なく発生してくる。不潔にしているから吹き出物が出る、という理屈は全くのデタラメで管理人には通用しない。

その吹き出物であるが最悪は「真っ赤に腫上がって膿んで破裂して」ようやく収束を向かえる。これをアレルギーというのか単なる敏感症なのかわからない。

例えば同じショートケーキでも製造メーカーが違うと吹き出物が出たり出なかったり。でもコンビニで売られているものは何故か100%発生。同じ甘いお菓子でも個体差があるようだ。

お菓子の値段が高い高級品なら大丈夫かと言えばそんなことはない。値段が高くても出る物は出る。月に1度だけ食べても出現するので、絶対に食べ過ぎではないはず。

自宅で大学いもを作った場合や手作りジャムなどは少しなら大丈夫。ある有名メーカーのケーキも大丈夫。違う有名メーカーのケーキは×。なんでなんだろう。不思議です。

吹き出物が出る時は食べて数時間後には発生。早速赤いポツンが出現。出るのは超ソッコーで治るのは数日もかかる。本当に厄介で頭にきます。妻はどんだけ食べても大丈夫なのだ。

糖分を摂ると「皮脂の分泌量が増える」「ビタミンを大量に消費する」という指摘がある。それが原因でニキビが出ると言われているけど、管理人はそれを100%鵜呑みには出来ない。

だって物によっては大量に食べても大丈夫で、ダメな饅頭1個を食べただけでアウトです。しかも甘いものは2週間に一回程度しか食べないので糖分の摂りすぎとは考えられない。

さらに管理人は毎日サプリメントでビタミン類は大量に補っています。それでも発症する吹き出物(ニキビ)。管理人にとって甘いお菓子は相性が良くないようである。

だったら甘いお菓子なんか食べなければいいだろう、と言われるけど、好きな物はたまには食べたい。毎日じゃなくて10日に一度くらいならいいいいのではないかな。

皮膚科に行って吹き出物の発生を相談したら、原因の説明はごく一般的なものであった。「清潔にして下さい」「脂っこいものは控えて下さい」というようなことしか言われない。

とりあえず「抗生物質」を処方されて終わり。しかしその「抗生物質」は吹き出物には効果抜群だった。それを飲むと吹き出物は悪化せず治るようになった。

また予防薬としての効果もあるようで、薬を飲んでから甘いものを食べるとニキビは出なくなった。これで好きなだけ食べられるぞ!・・いや、これで解決とは出来ない。

やはり薬は薬だから耐性が付けば効かなくなるし、長期に渡る服用は副作用も心配になるところ。そういうことで、最近では「抗生物質」を飲まないようにしています。

そうしたら早速、鼻の頭にでっかいのが出来上がりました!みっともないなあ。昨日食べたコンビニの柏餅が原因だ。ヤバいなあ。お客さんからのもらい物だけど食べなければ良かった。

鼻のおでき

明日は人と会う用事があるのに困ったものです。こうなったら甘い物を一切断ってみるかな。甘い食べ物から決別して、とことんやってみてもいいかも。その時はレポートしますね。

←前の記事    次の記事→

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...