UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

砂糖摂取制限②1週間経過後の状況~信号機が良く見える・疲れない体

calendar

甘いお菓子と清涼飲料を断ちコーヒーに砂糖を入れないという部分的な制限を課してから1週間が経過。

現在感じている変化をまとめると・・
①全身のお肌がツルツルになっている。
②新しい吹き出物やニキビは出なくなった。
③手足が冷えなくなった。
昼食後に眠くない。
動き回っても疲れない。
いつもより目がよく見える。
嫌な臭いに敏感になった。

上記の①~③は期待通りの想定内のことだけど、赤字で書いた④~⑦については想定外の嬉しい変化です。

④の昼食後の眠気は(お腹の皮が張れば目の皮が弛む)ということわざがあるので、昼食後は絶対にダルくなって眠気に襲われるのが当然のはずと思っていたがダルさがない。

眠気もそれほどでもない。たぶん血糖値が急激に下がることがなくなったからの効果のようだ。

⑤の疲れない体になったと思ったのは、1万歩ウォーキングの後はやや疲労が残るはずなのに、疲労感がないので休まず引き続き色々な雑用が出来るようになった。

身体から日常のダルさや疲労感が抜けた感じで、運動後も疲労が残らずに動けるのでトータルの処理能力が上がりましたね。⑥の目の回復であるが、これが一番びっくり。

最近目に映る景色がクッキリと透明感が増したように感じて見えるので、一瞬「最近は大気が澄んでいるいるのかな」と思ったのだけど、それは勘違いでした。

いつもは遠くの信号機を見るとランプが二つにダブって見えていました。物が二重に見えるのは乱視の症状ですよね。

それが今朝、通勤途中の信号を見た時、丸いランプが一つに見えそうになっている。完全ではないけどダブりがマシになっている。

見え方

過去に眼筋を鍛える訓練をしたり目薬も試したけど劇的な改善はなかった。それが砂糖摂取制限をしただけでこれほど回復するとは本当にびっくり仰天です。

このことがあったから今日のブログの本題としました。⑦の臭いに敏感になるは禁煙の時よりも強いかもです。ちょっとした汗臭さや硫黄臭のような臭いにやたら敏感になっています。

砂糖摂取制限前と変化のない持病は→①不整脈に改善の兆しはなし②シミやイボはそのまま存在している③前立腺j肥大の排尿障害はあまり変わらず。

上記①②③の改善は数ヶ月続けての検証が必要ですね。たった1週間で多くの変化があったので期待は膨らみます。

また何か劇的な変化がありましたら報告します。

←前の記事    次の記事→

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...