UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

老人性イボ・シミ対策~アロエの効果~約1ヶ月経過

calendar

イボとシミ対策の話しのその後を報告します。

風呂上りにはアロエの汁を顔に塗りたくってシミとイボ対策を施し、化粧水と乳液で仕上げることを始めて約1ヶ月が経過しました。

管理人は肉厚のアロエを1cm四方に切って使っています。顔に何度も塗り塗りして顔がアロエ汁でびしょびしょになるような使用方法です。(管理人は大丈夫ですが皆さんは必ずパッチテストを行って問題ないことを確認してから行って下さいね)

シミとイボ対策のアロエ汁ですが当初は何の効果もなかったのですが、砂糖摂取制限開始後からようやく効果が出てきたように感じます。

砂糖摂取制限前は正直なところ塗っても塗らなくても何も変わらなかった。中止にしようかと思いましたが3ヶ月は続けると断言したのでとりあえず続けていました。

そして数日前にアロエを採取するのを忘れて塗らないで寝たのですが、翌朝の肌の調子が塗った時に比べてスベスベ感がイマイチでした。やはりアロエ効果はあったのです。

砂糖摂取制限前はアロエを塗っても弾かれるような肌が受け付けないという感じで、最近は肌にアロエ汁が浸透していくようなイメージがあります。

やはり内側と外側から攻めるのが効率よく効果を上げる秘訣のようですね。ここにきてシミの一部の色が薄くなってきた感じで、イボも一回り小さくなったような印象です。

でもたぶん写真に撮ってもはっきりしないと思うので、もう少し効果が現われてから写真は載せますね。

砂糖摂取制限だけでも毛穴が小さくなる感じですが、アロエ汁を塗ると毛穴がさらに小さくなるような肌触りになります。

ちなみにアロエ汁を塗っただけの状態は汁が乾いた時に肌が突っ張ります。従って保湿するには化粧水や乳液の仕上げが必須になります。

前回は話題にしていませんが、うなじの上部の髪の毛の中(後頭部の首に近いところ)に大きなイボがあります。

場所が場所だけに見えない部分なので手触りの確認になりますが、砂糖摂取制限後のアロエ汁塗布によってかなり縮小した感じの手触りです。

最近になって一気に効果が出てきたような状況ですから、このまま砂糖摂取制限とアロエ汁塗布をやり続ければイボの消失が期待できるかも。

何も効果が出ない状態だとやる気が失せますが、効果が出てくるとモチベーションが上がりますね。

ということで、まだまだ続けてみますよ。

←前の記事    次の記事→

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...