UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

サプリメント③L-Cysteine(エル システイン)/一番のお勧め!

calendar

今日は2年前から愛飲している「L-Cysteine」L-システインについての話。

L-Cysteine(L-システイン)を含むものは日本製だと製薬会社から(医薬品)として販売されていますが、海外では単なるサプリメントとして販売されていることが多いです。

その成分はL-Cysteineに(ビタミンC+ビタミンB5)又は(ビタミンC+ビタミンB6)と大した違いはありません。むしろアメリカ製のほうがL-Cysteineの含有量が多いです。

Lシステイン2

ここではL-システインを(アミノ酸)の一つとして説明します。アミノ酸の説明ならば薬機法(旧薬事法)に触れることはないでしょうからね。効果を素直に表現できます。

某大手製薬会社ではL-システインを美白美肌、ハゲの予防、吹き出物や疥癬の予防、人体に有害な重金属の排出、全身倦怠感、二日酔、湿疹、蕁麻疹にも効能があると書かれています。

また別のサイトには放射能の排出効果があるとあります。管理人は加齢に伴いシミが目立ってきたのでシミ対策と、吹き出物や湿疹対策として摂取を開始しました。

管理人は元々は色白で若い頃はひ弱に見られてバカにされたこともありました。日焼けしようとしても黒くなれない。それが30歳後半になると色白が目立たなくなりました。

ところがL-システインを摂取したら肌の白さがどんどん戻って行くではないですか。どうやら(肌がくすんでいた)から白さが弱っていたようで、それが改善したのでしょう。

色の白さだけではなくて肌の調子も良くなりました。甘いものを食べた後の吹き出物も少しマシになりました。そして管理人が弱いお酒にも効果がありました。

いつも夕食後にL-システインを摂取していますが、夕食時にお酒をいただき真っ赤になった時でも「スゥーっと酔いが退いていく」のです。本当に色々とビックリです。

でも当初の目的だった「シミ」は消滅しないし、「吹き出物」が完全に予防できるわけではありません。2年間飲み続けていても「シミ」はそのまま変わらずです。

ですから(肌の色を元に戻す)という目的と(肌の調子を上げる)(酒の酔い対策)ということならばお勧めです。お肌が明るくなったとも言われるようになりました。

シミ消しという効果は微妙です。シミは消えないですよ。シミの色が薄くなったような気もするけど、気のせいかなというレベルですね。2年飲んでダメならダメでしょう。

副作用で気になることは「白髪」です。L-Cysteineは白くする→メラニンの生成をおさえる→髪の毛のメラニンが減少→白髪が増える、というメカニズムです。

白髪対策は「ビオチン」という(ビタミンB7)を同時に摂取すれば防げるとのことです。またメラニンを抑えるので紫外線が肌の奥まで入り込んでしまうという怖れもあります。

紫外線対策はUVカット化粧水や帽子で紫外線を遮り、抗酸化ビタミン(A・C・E)を摂って活性酸素から身を守ることが必須になります。これらは女性ならば既にやっていることですね。

管理人は最初の半年はL-システインだけを摂取していても白髪は気にはならなかったけど、今は白髪予防とお肌の健康増進のために「ビオチン」も一緒に摂っています。

日本で有名な「L-システイン」配合の薬は(ハイチオールC)です。L-Cysteine240mg/ビタミンC500mg/パテント酸カルシウム(ビタミンB5)24mgという内容。

一方アメリカのNOW社のサプリメント(L-システイン)はL-Cysteine500mg/ビタミンC60mg/ビタミンB6・10mgという内容。薬とサプリメントの違いが分からないですね。

次回は併用したほうが良い「ビオチン」のお話です。

←前の記事   次の記事→

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...