UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

サプリメント⑤グルグルグルコサミン~管理人には合わなかった

calendar

サプリメントを頼るのは体に調子悪い何かがあるからです。

それで宣伝に釣られて買って飲んでみると→①良かった改善した②何も変わらない③調子悪くなったというパターンになります。③の(調子悪くなった)になってしまったら最悪。

良かれと思って期待してお金を出して購入して摂取したのに、報われないだけではなくて調子悪くなったら詐欺に遭ったようなものです。管理人もそんな体験をさせられました。

ある時期のウォーキング中に(膝が痛いなぁ)と感じたので調べてみると、膝関節のクッションの役目をしている軟骨がすり減っているのが原因の一つという説が目に入る。

長年使っている膝だから年齢的にも(膝の軟骨がすり減ったかな)と思い、よく考えずに「ぐるぐるぐるぐるグルコサミン」という宣伝に触発されてその成分含有のサプリメントを購入。

それが「グルコサミン・コンドロイチン・MSM」のサプリメント。CMで流れている商品は高いのでアメリカ製の似たようなものを購入。管理人のサプリの基本はアメリカ製品です。

グルコサミン

(グルコサミン)は軟骨の修復・再生する働きがあるので膝痛を軽減させる効果。(コンドロイチン)は軟骨に栄養や水分を与えて修復・再生させ痛みを軽減させる効果。

(MSM)メチルサルフォニルメタンは関節痛の症状を和らげて、コラーゲンの合成を活性化させる効果です。どれも膝痛に効きそうな感じのする効能ですね。

期待を秘めて早速摂取を開始しました。すると数日のうちに(おしっこがスッと出ない)状況になりました。これにはビックリ。サプリを始めるきっかけが(おしっこの出)ですからね。

さすがに(おしっこの出が悪く)なってしまうと摂取を中止するしかありません。その時は1週間しないうちに摂取を止めました。膝痛よりも排尿障害のほうが深刻です。

もしかしてサプリメントとは関係なく前立腺肥大が悪化したということも考えて、何度か摂取開始・摂取中断の実験をしたところ犯人は間違いなくそのサプリメントでした。

そして期待していた「膝痛」には全く効果はなかった。(おしっこの出が悪くなった)という副作用しかなかったサプリメントでしたね。管理人にとっては1番の大外れです。

何故(おしっこの出が悪くなったのか)を調べてみたけど、はっきりとした答えは見つからなかった。ただ一部の医者は「グルコサミン」は飲むものではないと指摘していましたね。

薬やサプリメントは体質によって効果が異なるので、この「グルコサミン・コンドロイチン・MSM」のサプリメントはたまたま管理人と相性が悪かったのかも知れません。

またこのサプリメントはCM宣伝の(ぐるぐるぐるグルコサミン)の商品ではありません。一応その宣伝の会社の名誉のためにも別商品であるということを改めて述べておきます。

その後サプリメントでの膝痛改善は諦めて接骨院に行って診てもらいました。話によれば普通の事務的な仕事をしてきた人は(膝の軟骨はすり減っていないはず)ということです。

若い頃から晩年まで重い物を動かすような仕事だったり、長時間走ったりするようなアスリートをやってないならば大丈夫という説明でした。なるほど!有りがたい話だ。

そこで膝の周辺をほぐしてもらい脛(スネ)の横の筋をマッサージしたら、膝痛が劇的に良くなって改善されました。要するに加齢により膝周辺の筋肉や筋が硬くなっていたようです。

管理人としては膝全体から痛みを感じたので、素人考えで(膝関節)が原因だと勘違いしていたようです。それ以後は膝周辺を時々マッサージするようになり膝痛からおさらばしました。

ということで(膝痛)で悩んでいる人は先ずマッサージをお勧めします。自分の足を自分でマッサージするのは簡単ですから今日から出来ます。

マッサージして膝周辺の筋や筋肉が痛ければそれが痛みの原因の元ですね。

←サプリ・前の記事   サプリ・次の記事→

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...