UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

「高川山」①秀麗富嶽十二景~山梨100名山

calendar

今回は標高976mの「高川山」です。

「高川山は」山梨100名山の一つで大月市の秀麗富嶽十二景・都留市の都留市二十一秀峰に選定されています。

山の下にリニアモーターカーの実験線のトンネルが通ってるそうな。山からリニアモーターカーの走っているところが見れたらラッキーだ。

今日は電車移動でルートは初狩駅→高川山→むすび山→大月駅。

地図

中央線の「初狩」駅で下車して一般道を歩き家並みを抜けて、さらに車道を進むと出発から約30分で登山道入口に到着。熊出没注意の看板あり。本当なのかなぁ?

熊注意の看板

新緑の中を黙々と歩いていると男坂と女坂の分岐にたどり着く。男坂と女坂の分岐は他の山にもたくさんありますが、管理人はいつも迷わず「女坂」を歩きます。

男坂女坂分岐

昔は好奇心と冒険心に任せて厳しく険しい方を選んだものですが、最近は年のせいにしてついつい楽で安全な方を選んでしまいますね。

ここの男坂は岩場とかではなくて傾斜がきついらしい。女坂の傾斜はそれなりで遠回り迂回する感じです。

女坂を進み男坂と再び合流すると、ようやくお目当ての富士山が姿を現す。晴れてはいるがモヤっているのでぼんやりとしか見えない富士山。

途中の富士山

さらに約30分位歩くと山頂に到着。

山頂

山頂は360度の眺望を誇るが大気の透明感がないので、墨絵のような感じのどんよりとした景色で残念です。

方位と見える山

富士山はそれなりに大きく見えているので、大気が澄んで晴れた日なら絶景の富士山が見えるポイントに違いないです。

富士山のアップ

頂上付近は狭いので休憩しないで写真を撮って先に進むことにしたのだが、これが後になって休憩ポイントがなくて困った状況になりました。

・・話の続きは「高川山」②へ。

←山・前の記事    山・次の記事→

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...