UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

「甘利山」②木道とレンゲつつじに笹の高原

calendar

交通事故のおかげで甘利山駐車場到着が9時を過ぎてしまった。

駐車場

つつじ目当ての観光客や登山者がそこそこ集まっていて駐車場も賑わっている。

今日の予定は(甘利山駐車場→甘利山→奥甘利山→先頭星山)の往復ピストンコース。天気が良ければ先頭星山の先まで足を伸ばせば「鳳凰三山」が見える場所もある。

地図

この駐車場から甘利山の山頂までは約30分の距離だから、甘利山まで登ってつつじの群生と景色を鑑賞する観光客も多い。

甘利山までは木道に植物(つつじ)という湿原によくある景色みたいな区間もあって、観光客向けに綺麗に整備されています。

木道とガス

案の定、ガスが出てきて視界が悪くなって遠くの景色が観れなくなってしまった。富士山なんか見えるわけがない。交通事故が悔やまれる。

記念撮影

甘利山の山頂は東側が開けているので天気が良ければ八ヶ岳・奥秩父・富士山が見えるはず。当然ながらガスで見えないので記念撮影して先を急ぐことに。

甘利山から先は本格的な山道に突入。笹の道というか笹が生い茂った中を歩くという、ちょっと変わった雰囲気の登山道です。

笹道

目の前にピークと急勾配の登りが見えてきました。あのピークが奥甘利山?昔の記憶だとこのへんは平坦で急勾配は無かったような・・。

急勾配

奥甘利山もガスで眺望はよくありませんでした。晴れていれば富士山は見えるようですが今日は無理。記念撮影してさっさと先頭星山に向かいます。

笹道2

奥甘利山から先頭星山の間は笹の高原歩きと言ったイメージ。奥多摩や奥武蔵とは全く違う山道です。これはこれでいい感じです。

先頭星山は木立に囲まれているので眺望はありません。何組か先客がいます。ちょっと薄暗く寒々としていますがここでランチタイムして休憩です。

先頭星山

西方向は曇っているので先まで足を伸ばして鳳凰三山を観るのは諦めです。記念撮影して駐車場に戻ることにします。

帰り道はガスが少し解消して時折富士山の姿を見ることが出来ました。やはり遠くの景色が見えたほうが爽快な気分になります。

富士山

今回は交通事故に巻き込まれた影響で予定よりも遅くなってからの登山となりましたが、つつじと富士山だけは目を楽しませてくれました。

約40年ぶりの「甘利山」でしたが、笹の草原歩きの気持ちよさの記憶は間違ってなかった。昔は若さに任せて駆け下ったものです。今は絶対に無理ですけど。

山頂直下まで車で入れて手軽に登れる「甘利山」。なかなか良かったです。観光目的の人にもおススメです。

麓まで下った時に甘利山では見れなかった八ヶ岳みたいなシルエットが前方に。思わず車を停めて写真撮影。でも裾野が広大ではないので何か違うような・・。

茅ヶ岳

気になったので調べてみると(偽八ヶ岳)と呼ばれる「茅ヶ岳」だった。日本百名山の著者の深田久弥の終焉の地だそうな。あの赤岳みたいな三角形のピークはキツそうだ。

茅ヶ岳2

そのうちに行ってみようかな。

←山・前の記事  次の山の記事→

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...