UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

「仮想通貨」って何?還暦おやじにはよく分からん

calendar

管理人は重症の風邪でこの3日間は熱と鼻水に苦しんでいます。母の葬式の時の寒さでやられてしまったようです。こんなにこじらせたのは何年ぶりでしょうか?早く健康な生活に戻りたい。

この風邪で寝込んでいる時に巷では(コインチェックが巨額流出)が大きなニュースに。そしてスマホアプリのLINEが仮想通貨事業に参入を発表。これからは仮想通貨の時代になるのか?

「仮想通貨」、何となく分かっているようで分からない。分からないからググってみたけど、専門的な解説ばかりで混乱するばかりだ。その文字の示す通り仮の想像のお金というのは分かる。

仮のお金と言えばスイカやパスモのような電子マネーがあるが、どうやらそれとも違うらしいことが説明されている。現在の生活でスイカは便利な必需品だけど「仮想通貨」って必要なの?

LINEの仮想通貨事業は韓国企業のLINEがやることだから直接関係ないような気がするが、ゆうちょ銀行やメガバンクがJコインという仮想通貨を発行するという話は無視できないなぁ。

管理人が加齢により脳機能が低下したから理解出来ないのか、そんなものは必要ないから分かろうとしないのか。とにかく頭が固くなりかけているので新しい概念はスムーズに入ってこない。

コインチェックの社長がお詫び会見していたけど27歳という若さ。あんなのを見ると若者の新らしい火遊びの世界のことかと勘違いしてしまいそうだ。しかし損失は580億円と桁違い。

そこで無い頭をフル回転して「仮想通貨」なるものを考えてみた。こういう場合はお金(貨幣)の原点に戻って考えたほうが分かりやすいかもです。大昔の取引の原点は物々交換でした。

その後に取引をスムーズにするために物と交換の出来る(貨幣)が誕生。20年位前からは現金に代わる(電子マネー)が登場。これが便利でタッチだけで買い物出来たり電車に乗れたり。

そして最近になって「仮想通貨」というものが世に出る。その中でも有名なビットコインは何と「サトシ・ナカモト」という日本人の発案らしい。知らなかったとはいえこれにはビックリ。

従来の通貨に比べメリットがあるから「仮想通貨」が話題になっているはず。その分かりやすいメリットは(振込手数料が格安)(為替手数料不要)(国のインフレなど影響を受けない)

他にもメリットはあるが、電子マネーに出来ないことが出来るのが「仮想通貨」の違うところ。スイカやエディは他人に振込むことは出来ないし、日本国内では使えるが海外では使えない。

「仮想通貨」は国境など関係ないので、そのまま海外にも振込出来るし海外でも使える。円をドルに換えて、なんていう作業も不要なことになる。銀行を介さないから各種手数料が安くなる。

国が傾いて貨幣価値が下がっても「仮想通貨」に代えておくことで資産の下落を防ぐことにもなるとか。これらのメリットは日本国内だけが舞台の管理人には必要はなさそうな感じかな。

最大のデメリットは現在の「仮想通貨」は正式な通貨として承認されていないことです。暴落しようがハッキングされようが全て自己責任ということ。ハッキングで盗まれたら終わりです。

銀行に預けていれば預金は保証されるけど、仮想通貨は基本的に個人の責任で管理するものらしい。その仮想通貨の管理先をコインチェックにしていた人たちが今回被害を受けたわけだ。

コインチェック事件は投資家それぞれ一個人の資産が減ってしまったわけで、あの若い社長たちが580億円を補てん出来るとは思えない。破産して(ごめんなさい)になりそうだ。

何にしても(国や世界が主導して創った通貨ではない)ということ。そんな通貨がどうして誕生したのか管理人の頭ではイマイチ理解出来ない。そのメカニズムがよく分からない。

普通に考えて「そんなものはお金じゃない」と思ってしまう。しかし少しずつ流通してきているのも事実。益々不可解で自分の頭の古さと固さに腹が立ってくる。歳を感じてしまうなぁ。

それと「仮想通貨」は不安定だけど成長する要素があるので、暴騰暴落という投機的側面が注目されています。その投機的な部分が魅力で株の代わりに投資する人もいるようです。

「億り人」(億を稼いだ人)という造語があるようですが、「億り人」は「仮想通貨」への投資でなった人が多いとか。「仮想通貨」を資産運用の投資目的購入なら納得出来ます。

1年で400倍以上になった例もあるようです。25万円の投資で1億円?本当かよ。そんな記事を見つけては若者は投資しているのかなぁ?だから「仮想通貨」が売れているのかも。

管理人的には「仮想通貨」はまだ実用生活には使えないレベルに感じた。それでも騒がれているのはその投機的な側面があるからだと思う。とりあえず気が向いたら投資で買う程度かな。

最後に「Jコイン」のことを補足します。「Jコイン」は他の仮想通貨とは違って日本円の代わりになる電子マネーのような位置付けになるようです。円の価値と連動する仮想通貨です。

投機的な部分が全くないので健全で安心です。1円は1円のままですからね。そして日本国内においては便利なものとなるに違いません。今年中には発行されるようですよ。

←生活その他・前の記事   生活その他・次の記事→

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...