UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

「JFK暗殺の資料」公開されるか?本当の犯人は・黒幕は宇宙人?

calendar

この3連休は土曜日の午後から晴れるということで直前までテント泊のキャンプを考えていましたが、何となく気乗りがしないので家の中の整理整頓で過ごすことにしました。

予報では土曜の夜は晴れるはずなのに、今朝起きたら雨が降った形跡が。テント泊を中止にして大正解でした。雨天の中のテント泊は最悪。トイレも雨の中を移動しなくてはならない。

キャンプで雨が降られたら日中も夜も不便で悲惨なことになります。家の中ならトイレもシャワーも炊事も普通に行えるけど、キャンプだと一々靴を履いて傘さしての悪路移動を強いられる。

雨の中のテント泊を経験すると屋根のある家の快適さが身に染みて分かりますよ。と言っても、そんな経験は一度すれば十分で二度目は絶対に経験したくない。中止にして本当に良かった。

さて、ネットのニュースに「JKF暗殺資料の公開期限迫る」という見出しがあったので、今日はその話題を取り上げてみようと思います。団塊の世代の人たちは興味津々だと思います。

暗殺当時の管理人の年齢は7歳。まだ小学生の低学年でしたがそのニュースは覚えています。日本中がそのニュースにクギ付けになったような感じでしたね。勿論、両親も同様でした。

同時期にこれと同じくらいのインパクトのあるニュースは1968年に起きた「三億円強奪事件」でしょうか。両方ともに謎が謎を呼び真相解明に至っておりません。

アメリカの「ジョン・F・ケネディ」大統領が暗殺されたのが1963年11月。それから約54年が経過。当初は事件75年後の2038年に公文書を公開するとされていました。

ところが1992年に映画「JFK」が公開されて世論の暗殺事件への高まりを受けて(JFK暗殺記録収集法)が成立。25年以内に残る資料を一般公開することが義務づけられた。

よく分からないけど2038年に公開されるものが前倒しされて間もなく公開されるということみたいですね。その期限が今月の26日だそうな。でも本当に公開されるのか疑問ですね。

2038年公開という設定は(当時の関係者はこの世にいない時期)だろうという理由らしい。その話の裏を返せば「当時の関係者が生きていたら公開出来ない」ということです。

関係者の若い人が当時20~25歳位だとして現在が75~80歳になるあたりだから、まだ関係者の誰かは生きてそうなので(たぶん)真実は公開されないでしょうね。

非公開のもう一つの理由は(人々の記憶からなくなるまで公開しない)ということ。これは既に逆効果になっていて公開しなければしないほど話題になってしまうのが現実です。

そもそも2038年まで公開しないということが異例です。その背景には相当にヤバい何かがあるということで、映画にもなるくらいにミステリアスな事件だから現代でも興味は尽きません。

「JFK暗殺」は何度も特番で取り上げられているので詳しくは説明しませんが、実行犯とされた(オズワルド)の犯行ではなくて別の複数の者の犯行というのが定説です。

その実行犯とされた(オズワルド)も事件2日後の移送中に殺害されて、暗殺事件の21人の証言者も4年以内に亡くなってしまいました。たぶん口封じに暗殺されたのでしょう。

そのことだけでも(黒幕はかなりの権力者)であることは想像できる。アメリカ国家の頂点に立つ大統領を殺して、容疑者や証言者を葬り去ることが出来るほどの絶対的な力を持つ者が黒幕。

黒幕は(CIA)(ジョンソン副大統領)(マフィア)(ソ連の陰謀)(キューバの陰謀)(アメリカを支配している某秘密結社)(宇宙人)等のどれかではないかと議論されています。

不思議大好き人間の管理人としては黒幕は(宇宙人)説を支持したいですね。ケネディ大統領は「人間を月に到着させる」と声明を出してアポロ計画を推進しました。これが胆ですね。

人類が宇宙人とコンタクトしていることを世界中に公開したかったから、月に行って彼らに近づいてその証拠をオープンにしようとしたのではないかと推測します。

その前に演説で宇宙人の存在を暴露しようとした矢先に暗殺されたというわけです。ケネディが居なくなっても月に行くと言った以上は行かないとアメリカの威信に関わります。

月には行ったけど映像画像はガンガン編集して宇宙人の痕跡は消去。それで事なきを得て今日に至る、というシナリオじゃないかなぁと思いますね。そうじゃないとしたら秘密結社説かな。

もしかしたら(宇宙人)が(秘密結社)に指示して暗殺させたということもあり。又は(秘密結社)から(CIA)に指示が飛んで暗殺に至ったとか。(CIA)が単独黒幕とは思えない。

いずれにしても表の正式な組織(CIA・副大統領・マフィア・ソ連)等が行ったとは思えない。そこには表に知られていない組織の(宇宙人)や(秘密結社)が関係してると思います。

情報公開されるのかどうか、どうなるのかは興味は尽きません。情報が公開されても真実は改ざんされて嘘で固めた内容が公表される可能性もあります。むしろそうなる可能性大です。

今まで長い間に渡り非公開という異常事態を考えると、すんなりとバカ正直に真実がストレートに公開されるとは思いませんね。ですから期待するのは意味がないことなのかも知れません。

もし公開された公文書に(宇宙人)云々が出てきたら、マスコミの記事は北朝鮮問題が吹っ飛んで宇宙人一色になりそう。たぶん、そうはならないだろうけどね。

←ミステリー・前の記事   ミステリー・次の記事→

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...