UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

「箱根強羅公園」あじさい展~熱帯植物館

calendar

今日は箱根強羅公園内の「陶びら」という施設で陶芸体験の予約をしている。

箱根強羅公園は大正3年に開園された日本初のフランス式整型庭園ということで、オシャレな雰囲気の公園で(茶室)(体験工房)(植物館)等の設備があるらしい。

案内図

入場料550円を払い箱根強羅公園に入る。その際に受付嬢から(あじさい展は間もなく終了です、是非鑑賞して下さい、道は○○を曲がり○○ですよ)とアナウンスされる。

体験予約時刻まで時間があるので公園内を一通り散策してみるつもりだったので、先ずは受付嬢の案内を思い出しながら(あじさい展)の会場に向かうことにした。

熱帯植物館

指示通りの道を歩き(あじさい展)の会場に入室したつもりが(熱帯植物館)だった。・・ガ~ン!昨日の越前岳じゃあるまいし、公園でも方向音痴を露呈して複雑な心境だ。

熱帯植物1

管理人は植物には詳しくないが普段は見たことのない植物ばかりだ。せっかくなので(方向音痴のことは忘れて)気持ちを切り替えてどんどん撮影することにしよう。

ハーブ花1

その後は(ハーブ館)を経由して(あじさい展)の会場に到着。ようやく目当ての会場に着たが「あじさい」の時期も終わりに近く半分位は元気なくしおれてきている。

よく観ると(あじさい展)は値札が付いている鉢もたくさんあって販売会の会場だった。なるほど、だから受付嬢が営業宣伝のため勧めたわけか。案内は単なる親切ではなかったようだ。

あじさい2

その中でも素敵な↑構図になりそうな部分があったので何枚か撮影してみた。その中の1枚が良かったのでここに載せておきます。

池と噴水

(あじさい展)を出た後は公園内を歩いてみることに。中央には噴水があってヒマラヤスギと遠くの山とのコラボが画になる。構図を決めてパチリ。

茶屋玄関

昔ながらの古い木造建築の茶屋があると思えばレンガ造りの建物もある。さすが、和洋折衷という雰囲気の公園だ。余談だけど外人の観光客は全体の3割程度かな。

レンガ建物

遠くに大文字焼きの山が見える。8月16日に大文字焼きと花火が楽しめるらしい。その時はこの公園も観客だらけになって汗だくの鑑賞になるかも。

大文字

あじさいは外にも咲いていて、(あじさい展)の会場よりも生き生きした個体が多かった。このあじさいなら買ってもいいかも。

あじさい3

公園散策の最後にバラ園を鑑賞する。時期的に既に枯れているかと思っていたが、まだまだこれからのつぼみもあって結構楽しめた。

バラ2

強羅公園の園内はそれほど広いものではなく、じっくりと観て回っても2時間もあれば十分な感じ。園内をただ1周するだけなら15分もあれば可能な距離です。

バラ園

これが、陶芸体験する場所の「陶びら」の入口です。公園の左端の入口近くにひっそりとあります。これから約1時間半の個人レッスンを受けてきます。

陶びら入口

レッスン内容はまた次回に報告します。

←前の記事    次の記事→

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...