UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

ウォーキング⑨~紫外線対策~化粧水・サングラス・帽子

calendar

屋外でのウォーキングは「お日様が気持ちいいなぁ」という人と、毎日のように「紫外線をモロに浴びながら歩くの?」と否定的にとらえる人がいます。

両方とも正解で紫外線にはメリットとデメリットがあります。紫外線にはビタミンDの生成という重要な作用と体内時計の調整やリラックス効果も期待出来ます。

でも中年期にもなると紫外線のデメリットの日焼けによる「シミ」「シワ」と目への影響の「白内障」が気になるところ。時々、顔がシミだらけの老人を見かけますが、なりたくないですね。

若い時には気にしなかったことが、気になる年齢になってしまったのは仕方ない。最近になってシミが増えたような気がして。ちょっとヤバいなぁ。もう手遅れかもですよ。

肌なんて男が一々気にしてられるか!というノリで生きてきたので、化粧水や乳液も使ったことが無かった。ましてや紫外線対策なんて、これっぽっちも気にしたことなんか無かった。

そのお蔭様でお顔が結構シミだらけに。管理人は紫外線を強く浴びる登山もしているので尚更ですけどね。そもそも昭和は(海で思いっきり焼いて黒くなろう)なんて時代だった。

決して紫外線を悪者に扱うようなことはしなかった。ところが実際にシミが目立ってくるのは中年期以降の年齢だから困ったものだ。一度シミが出来ると、どうやっても元に戻らない感じ。

効果ありとされるものを半年ほど塗ったり飲んでみたりしたけど消えない。こうなることが分っていたら若い頃から対策やっておけば良かったかな。昭和に対策なんて無かったか?

美容外科でレーザー施術なら消えるらしいが莫大なお金がかかるので却下。とりあえず、これ以上酷くなる前に対策をしないとヤバいという危機感をビンビンに感じている最近です。

そこで紫外線対策のアイテムは①紫外線カット化粧水②サングラス③帽子の3点セットです。これを別名「三種の神器」と呼びます。・・嘘ですけど。

UVカットアイテム

①の紫外線カットの化粧水(ジェル)はSPF35とかPA+++という表示が記載されていて、数字が高く+が多いほど紫外線をカットする効果が高いということ。

数値が高けれ良さそうだけど、塗った時のサラサラ感や落とす時に石鹸では落ちないとか使用上の違いが色々あります。とにかく、顔や首と肌が露出した場所に塗って歩いて下さい。

②のサングラスですが、紫外線カットのレンズを使用したものにしないと意味ないです。単に色が濃いレンズのサングラスだから大丈夫なんて勘違いはしないで下さい。

ちなみにクリアなレンズでも紫外線カットのメガネがあります。必ず紫外線カット(UVカット)レンズのものにして下さい。白内障・緑内障対策として必須だと思いますよ。

③帽子ですが上記①と②を対策しているならば、髪の毛と頭皮の保護と暑さ対策で必要になります。帽子はハゲの予防と熱中症予防ですね。頭皮に直接紫外線を当てるのは避けましょう。

さすがに髪の毛や頭皮に紫外線カット化粧水を使うなんて聞いたことないなぁ?髪の毛用に紫外線カットスプレーはあるけど、毛穴を塞ぎそうで管理人は躊躇しますね。

ということで、ウォーキングには「三種の神器」をお忘れなく!

←前の記事    次の記事→

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...