UA-94075729-1

霊山歩 ~マンネリズムの彼方へ

男のための中年期からの健康法・アンチエイジング・散歩・登山・家族・ミステリー・etc

「ギックリ背中」?~背中の痛みとケア

calendar

昨日から背中が痛む。場所は右の横っ腹の背中側である。

椅子に座って体を右に捻って無理な体勢で真横のテレビを数分観ていただけで、元に戻った時に背中に痛みと違和感が発生。それ以後は呼吸する度に痛みが走る。

こんなことは初めてなので久しぶりのウォーキングの疲労が原因となったとしか考えられない。たった数分の無理な姿勢をとっただけでこうなるとは情けない。

ウォーキングから帰宅して2時間後の出来事だった。ウォーキングでは腕を大きく振って背中をほぐすようなイメージで歩いている。

久しぶりのウォーキングだったので(ほぐれる)というよりも(疲れて乳酸が溜まった)ということになってしまったのか?寒い季節でもないのに何で?

昨夜はその状態で寝てみたが痛くて時々目が覚めて、そういう状況に嫌気がさして5時30分に起床。いつもより1時間以上早く起きてしまった。

相変わらず痛みがあるので何がどうなっているのか、早起きついでにネットで調べてみた。でも痛い筋肉や筋がどこなのかよくわからない。

調べているとギックリ腰じゃなくて「ギックリ背中」というのもあるようだ。今まで聞いたこともない「ギックリ背中」?そんなものがあるとは初めて知った。

そのうちに「ギックリ腹」や「ギックリ胸」なんて言葉も出てくるのでは、と思わずくだらないことが頭をよぎったりしたりして。

ところが冗談のつもりで言ったことを調べてみると「ギックリ腹」も「ギックリ胸」も既に存在していた。さらに首も足も指にも「ギックリ」が付いて何でもアリになっている。

管理人は「ギックリ頭」で頭が逝ちゃってるとか?・・突然、頭痛に襲われて意識を失ったら「ギックリ頭」が相応しい病名かも、とくだらない新語を考えたりして・・。

話は戻って、痛みはストレッチで簡単に治るというサイトもあれば、先ずは安静にして冷やせというのもあって情報が交錯していて判断が難しい。

そもそも管理人のこの症状が「ギックリ背中」なのかどうかも素人では判断出来ない。病名が判らないから最適な対策も簡単に見つけられない。

この場合は急性だから素人判断でも動かさないほうがいいような感じだ。ソファに座って痛みを観察すると首や腕の付け根にも痛みがあることが判明。

以前、肩甲骨が痛んだ時に整体師が首や腕をほぐしていたのを思い出したので、早起きの暇に任せて自分で首と腕のマッサージをやってみた。

右腕の付け根と頚椎の右側をマッサージすると痛気持ち良くてクセになりそう。約15分かけて押したり揉んだりしてみた。

その後立ち上がってみると背中の痛みが不思議なことにかなりマシになった。痛み解消とまではいかないが(とても痛い)が(ちょっと痛い)に改善。

なるほど、首や腕の慢性的なコリが原因で背中の一部に痛みが生じたようだ。痛みの原因は首と肩(腕の付け根)から派生したもだと断言して間違いない。

ということで痛みの原因の元は別の場所から来ている可能性があるので、皆さんも同じようなことが起きたら首や腕や脚に注意を向けてみて下さい。

別の場所に痛みや張りを感じたら先ずはそこからケアすることをお勧めします。

←健康全般・前の記事    健康全般・次の記事→

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ハイキング

「石尊山」~奥武蔵・官ノ倉山のおまけ?
「天覚山」~ゴールデンウィークでも静かな山だった
「宝登山」②満開のロウバイ~甘い香りが漂う山頂
「宝登山」①長瀞アルプスって何だ?~なんちゃってアルプス!
「丸山」②霜柱の道と静かな山旅~山頂は180度の眺望
「丸山」①武甲山が好展望な上り坂~削られた姿が痛々しい
more...